タイヤのトラブル豆知識

車のタイヤは路面と唯一接しているもので、トラブルになると走行することができなくなるので点検などまめに行う必要があります。
ひとつは空気圧です、車を運転する前に車の周りをぐるりと一周し、空気圧の減り具合を確認します。
ひとつだけ明らかに減っているものがある場合はパンクの可能性があります。溝の部分を確認して何か突起物が刺さっていないか確認します。気になる箇所があった場合は、中性洗剤をまぜた水をその箇所に塗ってみて空気が漏れていないか確認します。
それ以外にも空気注入口のバルブから漏れていることもあります。このような場合は専門の店で確認または交換してもらいます。カーセブン 評判
トラブルとして、もし走行中にパンクしてしまった場合はスペアに交換します。この時は車の通りがない安全な場所に移動し停止表示板などを置いてから行います。
また最近は応急用のパンク修理剤というものがあります。これはパンク修理できるところまで走行できるようにする応急措置で、その後パンク修理する必要があります。
これは釘などが刺さっている場合でバーストしたときは使えません。刺さったものは抜かずに空気注入口から入れると空気と修理剤がはいって一時的に走行することができます。