コード切れによる破裂(バースト)

タイヤのバースト(破裂)が起こる原因として、タイヤの老朽化、釘などの突起物を踏む、過荷重、不適切な空気圧等が挙げられますが、見落としがちなのが、タイヤの骨格を形成するコードの損傷です。 タイヤのコードが切れてしまうと、内部の空気圧にタイヤが耐え切れず、破裂してしまう恐れが出てきます。コードは、タイヤの磨耗による損傷だけでなく、タイヤの経年劣化や縁石に乗り上げるなどの衝撃で切れてしまうこともあります。特にタイヤの側面は接地面に対してゴムが薄く、ちょっとした衝撃で損傷してしまうこともあります。

走行中にコードが切れ、タイヤの破裂が起こると、車体が制御不能に陥ることが多く大事故につながりかねません。また空気が徐々に抜けていってしまうパンクの場合と異なり、タイヤを修理することも不可能です。高速度で長時間走り続ける事が多い高速道路では特に起こりやすい為、一層の注意が必要です。 防止策としては、タイヤのスリップサインや空気圧の定期的な点検に合わせて、縁石などの障害物をなるべく避ける、タイヤに負荷のかかるような無理な運転はしないなどの丁寧な運転に併せて、もし、走行中に衝撃を感じた時にはすぐタイヤに傷や膨らみが出来ていないかを確認するようにしましょう。傷が見つかった場合も早めに修理するようにしましょう。 また、タイヤは日光、熱、油により劣化が早まってしまいます。保管する際にも、これらの原因を避けるようにしてください。

Comments are closed.