ハイドロプレーニング現象

ハイドロプレーニング現象とは、自動車が水溜りや雪解け水の流れた路面を走行中に、タイヤと路面の間に水が膜のように入り込み、水の上を滑走し、ハンドルやブレーキが利かなくなる現象です。この現象が起こってしまうと、自然にタイヤと路面に入り込んだ水が排水されて現象が解消されるまで、運転者にはコントロールすることができない状況となり、大変危険です。この現象が発生するのは、タイヤが磨耗して溝が浅くなり、水が膜状になりやすくなっている時、タイヤの空気圧が低下しており、タイヤと路面の設置面積が広く、排水が困難になっている時、タイヤの排水が間に合わない程度に、水溜りなどの水量が多い場合、そして、タイヤの排水が間に合わないほどの高速で水溜りに突入した場合です。この現象を予防するには、まず劣化したタイヤを使わないことがあげられます。溝が深く残っているタイヤを使用し、スリップサインが露出する前に必ず買い換えるのが重要です。また、空気圧のチェックをまめに行い、低下したままで走行しないようにしましょう。専門店ではもちろん、ガソリンスタンドで空気圧を測定してもらうことができます。さらに、雨天や雨上がりなどで、路面の状況がよくないときは、走行速度を落として安全に運転することを心がけましょう。

Comments are closed.