空気圧が原因のトラブルとは?

タイヤの空気の圧力はタイヤ本体の持っている性能を発揮させる為に非常に重要な役割を果たしており圧力が適正でないと乗り心地が悪くなったりなどの異常を感じてしまいます。またタイヤへのトラブルも発生してしまい空気圧が高すぎたり低すぎたりした状態で車の走行を続けてしまうと圧力が低い場合は発熱によって片べりや損傷を起こしてしまい、圧力が高すぎるとタイヤのセンター部が異常に摩耗したり傷を受けやすいなどの状態になってしまいます。またタイヤのサイズや種類が同一のものでも車の種類によって空気の最適な圧力は変わってきますので注意が必要でその車にあった最適な空気の圧力は指定されており一般的に運転席のドアを開いた目立つ場所に記載されていますので確認をして最低でも月に一回は最適な圧力が保たれているか確認することが必要です。圧力の異常で起こってしまうトラブルの代表的な例は圧力不足の場合で走行すると片べりのほかに燃費が悪くなったり、ハイドロブレーニング現象を起こしやすくなり死亡事故の原因となってしまいます。また圧力が高い場合はセンター部の摩耗が早くなりタイヤの寿命が短くなるほか傷を受けやすくなりますのでバーストを起こす可能性が高くなります。

Comments are closed.