パンクしたタイヤの交換方法(応急用タイヤへの交換)

走行中に突然車の挙動が乱れて、気付いてみたらタイヤがパンクしていた、そのようなことは起きて欲しくないものですが、 何時どこでそのような自体に会うかはわかりません。 そのような時のためにタイヤ交換をするための知識を身につけて置くことが必要なのです。

まず、応急タイヤへのタイヤ交換を始める前に大事なことは、周りの安全を確保することです。 できれば、人通りが少ない空き地などに退避できれば良いのですが、そうでない場合はできるだけ、 他の車の邪魔にならない場所に車を移動させてから作業することにしましょう。

そして、作業を開始しますが、まずジャッキアップするために足場がしっかりしているかを確認します。 足場が不安定だと、交換最中にジャッキが倒れてくるなどして、思わぬ事故に繋がる可能性があるからです。 足場を確保したら、ジャッキアップする前に穴の空いたタイヤのナットを緩めておく必要があります。 ジャッキアップしてから、緩めようとするとタイヤが空転してしまうためです。 ナットを緩め、ジャッキアップしたあとタイヤを取り外したら、それをそのまま車体の下に置いておくと、 いざ、ジャッキが倒れた時のウマ代わりになるので安心です。 あとは予備のタイヤを取り付け、すぐにガソリンスタンドなので新しいタイヤに交換してもらいましょう。 応急用タイヤはあくまで応急用なので通常使用には適さないためです。

Comments are closed.