パンク修理のコツ

外出先で車を走らせていたら、急に車の挙動が乱れて気付いたらタイヤがパンクしていた。 あって欲しくないトラブルですが、パンクは何時起こるかわかりません。 しかし、パンク修理はそれほど難しくなく、コツさえ掴めばすぐにできるようなります。 ここでは、その簡単なコツを解説します。

修理とは言っても、出先で穴を塞ぐのは難しいので応急タイヤとの交換になります。 交換の前にまずすることはとにかく車を安全な場所に移動させることです、他車の安全もそうですが、 交換の際は自分の身を守るためにも安全な場所に移動させることが大事です。 空き地のような場所があればベストですが、見つからなければ路肩ギリギリまでよせることにしましょう。

場所を確保したら交換を始めますが、ジャッキを設置する足場がしっかりしているか確認をします。 交換中にジャッキが倒れてきたら思わぬ事故につながるためです。 ジャッキを設置したらあげる前にパンクした箇所のナットを緩めておきます、ジャッキアップ後では、 タイヤが空転しナットを緩められないことがあるためです。ジャッキアップをしてタイヤを取り外したら、 それをジャッキのそばにおいておけば、いざジャッキが倒れた時にタイヤが土台となってくれ、 安全です。あとは応急用のタイヤを取り付けて終了です。タイヤを取り付ける際、 ナットは対角線上に締めるとキッチリ締めることができます。

その後は出来るだけ早くガソリンスタンドなどでパンクしたタイヤを修理してもらいましょう。 応急用タイヤで走り続けることは安全上あまりオススメできません。

Comments are closed.