その他のタイヤのトラブル

車を走行させている最中のトラブルというものは、できるだけ避けて通りたいものです。しかし普段からのメンテナンスが行き届いていないと、いざという時にトラブルが発生することもよくある話です。問題はその発生したトラブルに対して、ドライバーがその後どのような対応を取るのか、また未然にそれを防ぐために普段からやらなければならないこととは何かということをしっかり理解した上で、行動に出ることが大切なのです。
特にタイヤにはいくつかのトラブルが考えられるのですが、通常は空気圧が減ってきたり、パンクをしたりすることがトラブルの元とも考えられることです。その他にも、下手をすると私たちの命に関わるような重大なトラブルになることがあることを知っておいて下さい。それは溝の深さに関係することになります。
溝がしっかりあるかどうかが日常点検の項目にもなっているのですが、この溝があまりない状態で走っていると、雨の日にはハイドロプレーニング現象が生じる恐れがありますので注意が必要です。この溝が路面に溜まっている水を掻き出す役割を果たしているのですが、溝の深さがないと水をかき出せずに、水の上に浮くような状態になってしまいます。そうしますとブレーキを踏んでも速度が落ちずに走る続けてしまうのです。

Comments are closed.